卒業していくお客様の背中を押すこと

今日から3月突入。

卒業シーズン到来です。

そう、エステに来てくださるお客様にも

「卒業」というものを少し感じた今日このごろ。

一生この人のお肌を見続けたい。

そう思い、毎日施術する中でも

お客様が満足いく自分になれたとき

「卒業」というものがやってくる。

嬉しい反面ちょっぴり寂しい。

通い始めたころは

ニキビにあとに悩み年齢的にも

お肌のコンディションも低下ぎみ。

ソフトピーリングのお手入れを

2週間に1回

半年経って3週間に1回

1年たって1ヶ月に1回

2年目以降は2ヶ月に1回

この頃にはお肌の「ケア」から

「メンテナンス」に変わってきてたことを

私も実感していた。

前サロンをやめて半年以上空いて

お手入れに来てくださったのですが

お肌のコンディションの安定に

驚きを隠せなかった。

でもその背景にあった鍵は

「ホームケア」でした。

2ヶ月に1回のメンテナンスに

変わった頃からホームケアの指導を

少し重点的にするように心がけた。

「宮原さんの施術を受けない間

危機感が芽生え、ホームケア頑張れる

クセがつきました」

そう言っていただいたとき

「卒業」という文字が浮かんだ。

なんだか子育てに似てるな〜

何かお肌で悩んだとき

困ったとき

一番に私を頼ってもらえるような

そんな場所でありたい。

そう思いながら

また新しい入門のお客様と向き合って

今日から頑張ろう!